• プレスリリース

クラウド型電子カルテ『CLIUS(クリアス )』が 未来カルテ・患者サマリ等の機能を実装した「クリップボード」をリリース 〜未来の診察をよりスムーズに〜

株式会社Donuts(東京都渋谷区、代表取締役:西村啓成、以下弊社)が提供するクラウド型電子カルテ『CLIUS(クリアス )』は、「クリップボード」機能をリリースし、次回来院する患者さまのカルテ内容の事前準備を可能にしました。


「クリップボード」は、別名・予習カルテ、患者サマリ、未来カルテと呼ばれるキーワードと同等の意味を表す機能です。

【クリップボード機能のポイント】
(1)診察時に次回の内容をメモし、診療をスムーズに
来院した患者さまについて、次回の来院時に診察する内容や、投薬量が変わる等細かく覚えていられない内容を事前にクリップボードへ記載しておきます。
そして次回、患者さまが来院した際に、記入したおいたクリップボードからカルテへDoするだけでその日のカルテ記入が完了。すばやく正確なSOAP、オーダー入力を可能にしました。

クリップボードからカルテへのDo画面1:クリップボードに記入した内容は、点線から左側。患者さまが来院した際に、右側のカルテ画面へDoします。

クリップボードからカルテへのDo画面2:▷をクリックするとDoできます。クリップボードの内容が、右側のカルテへと反映されました。

(2)患者サマリとして情報共有を可能に
クリップボードは、カルテの事前記入としてだけでなく、サマリとしても活用可能。患者さまのアレルギー情報や家族歴など、重要な情報を追記、即時確認できます。
医療従事者間で共有しておくべき内容を、時系列順にこの1枚に集約することで、検査や処置のスムーズな実施、伝達漏れの防止に役立ちます。

患者サマリとしての使用イメージ:患者さまの情報を書き留めて、医療従事者間で共有するツールとしても使用できます。

(3)クリップボードは診療内容によって複数作成可能
患者さまによっては、投薬量が細かく変わるなど、ひとつのクリップボードでは対応が難しい場合があります。CLIUSのクリップボードは、患者さまごとに複数のクリップボードをご用意可能。投薬量やオーダー内容によって、その日の診察に適したクリップボードからカルテへDoできます。作成できるクリップボードの数に上限はございません。

■『CLIUS(クリアス)』について
『CLIUS(クリアス)』は医師にとって効率的なカルテ入力作業を実現し、患者さまと親密な診察時間を設けることができる電子カルテサービスです。直感的な操作性と、自動学習機能やレセプト分析サポートでクリニックの時間創出をお手伝いします。他医療機関や周辺システムとも連携しやすい設計となっております。
・公式サイト: https://clius.jp/