SDGs×ファッションの祭典「美少女図鑑COLLECTION 2024」閉幕 モデル自身が着用衣装を紹介する、ステージ連動型のライブコマースを初めて実施! 環境省×全国各地の美少女モデルによるSustainable STAGEではZ世代ならではの視点でSDGsアクションを語る

株式会社美少女図鑑(東京都渋谷区、代表取締役:中村孔亮)が運営する地域密着型メディア『美少女図鑑』は、“次世代美少女の原石”によるファッションショー「美少女図鑑COLLECTION 2024」を2024年2月10日(土)にオンラインで開催いたしました。

『美少女図鑑』が厳選した全国に潜む“5年後のスターの原石”トップ100人を掲載した写真集『美少女百選』に選ばれた『美少女図鑑』所属モデルや、本イベントに先駆けて開催された株式会社DONUTS(東京都渋谷区、代表取締役:西村啓成)が開発・運営するライブ配信&動画アプリ「ミクチャ」でのオーディションを勝ち抜いた全国の美少女たちがモデルとして登場しました。

当日の様子は「ミクチャ」にて無料生配信されて全国各地からリアルタイムでコメントが寄せられた他、今回初めて実施されたステージ連動型のライブコマースでは、ステージ登壇直後のモデルが衣装のコーディネートやサステナブルなポイントをご紹介するなど、オンラインならではの盛り上がりを見せました。

「美少女図鑑COLLECTION 2024」公式サイト: https://collection.bishoujo-zukan.jp/

■MCはラブレターズと元乃木坂46の永島聖羅!今井絵理子参議院議員からの挨拶も!

MCを務めたのは、キングオブコント2023で7年振り4度目の決勝進出を果たして話題を集めているお笑いコンビ・ラブレターズのお二人と、元乃木坂46で現在は俳優・タレントとして活躍している永島聖羅!本イベントのテーマであるSDGsに関して、それぞれが取り組んでいることや今回のイベントで興味深く感じたブランドなどを語りました。

「僕もミシンを使って洋服のリメイクなどを行っているので、自分の活動の延長線上にSDGsがあるんだなと思いました。(ラブレターズ・塚本)」

「サステナブルというテーマだけに、MCである私たちのコメントも捨てどころがなかったですね(笑)。配信をご覧の皆さんにもサステナブルについて興味を持ってもらえたら嬉しいです。(ラブレターズ・溜口)」

「素敵な衣装はもちろんですが、モデルの皆さんの堂々としたウォーキングも素晴らしかったですね。ドレスや振袖など様々なファッションを見ることができて楽しかったです。(永島聖羅)」

また、イベント開始に先立ち、今井絵理子参議院議員がゲストとしてステージに登場し、「SDGs、地域活性化がテーマのイベントということで私もとても楽しみにしております。10代のころ、私はこのようなステージで歌ったり踊ったりしていました。今回のモデルの皆さんも10代が中心ということでとても楽しみです。全国各地で見ている方に向けて、笑顔で、明るい気持ちを届けていただければと思っております。」とご挨拶いただきました。

写真左より:永島聖羅、ラブレターズ(塚本、溜口)
今井絵理子参議院議員

■環境省×美少女図鑑厳選モデルによるSustainable STAGEで開幕

Sustainable STAGEでは地球環境を考えたSDGsの取り組みに力を入れている6つのブランドを紹介!

groove. by kikirico」の地球にやさしい素材を使用したウェディングドレスを、あお(東京美少女図鑑)、mayu(滋賀美少女図鑑)、みく(神戸美少女図鑑)の3名が着用し、視聴者を魅了しました。汐梨(愛媛美少女図鑑)は裁断クズを再利用した淡い色合いのデニムにフレアスカートを合わせたコーディネートで登場し、「Annaut」の世界観を表現しました。自然との調和やエシカルな素材にこだわった「jme.」と「MERCI」のステージでは、彩沢朋花(東京美少女図鑑)、ぷうなな(奈良美少女図鑑)、丸尾陽菜(和歌山美少女図鑑)の3名がシンプルな中にもこだわりの詰まった衣装で登場。ゆずき(美少女図鑑本部)は「粗清草堂(そせいそうどう)」の最大限に羊毛を使用したフエルト製の帽子とワンピースを着こなしました。りのあ(鳥取美少女図鑑)とおとか(愛媛美少女図鑑)はフェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」のニットやスカートをきれいめカジュアルに着こなし、Sustainable STAGEのラストを飾りました。

ランウェイを終えると、あおmayuみく汐梨ゆずきの5名がトークコーナーに登場し、着用した衣装のポイントやランウェイを歩いた感想を語りました。

また、環境省 環境再生・資源循環局 総務課 (併任:循環型社会推進室)課長補佐の奥山航氏もステージに登壇し、脱炭素問題やプラスチック問題などに関して環境省が推奨する取り組みや取り入れやすい身近なアクションプランなどを視聴者に向けて発信しました。

■「美少女図鑑AWARD 2023」グランプリ・準グランプリが続けて登場

R1000 STAGEには、「美少女図鑑AWARD 2023」でグランプリに輝いた佐々木満音(ささきみろん・広島美少女図鑑/ILIT)を始め、ミヨン(合同会社BIRD MUSIC)、りな(静岡美少女図鑑)、宇咲美りあ(美少女図鑑本部)の4名が登場。株式会社R1000が展開する「RETRO GIRL」「ems excite」の2ブランドの衣装を着用し、ベーシックとトレンドが融合したステージを披露しました。株式会社R1000のSDGs関連プロジェクト「R1000 smile cycling」では、アパレル商品での利益の一部をTABLE FOR TWOに寄付し、これまで13,000食もの給食が支援されるなど発展途上国の子どもたちの給食支援につながるプロジェクトを行なっています。

初のファッションショー出演となった佐々木満音は、「今回のイベントでは最年少ということもあってすごく緊張したんですけれど、無事に歩けて良かったです。トップスのピンクが落ち着いている色味でとても気に入りました。」とランウェイを歩いた感想を語りました。

Wedding STAGEには「美少女図鑑AWARD 2023」準グランプリの杉山日向花(岐阜美少女図鑑/NAME MANAGEMENT)に加え、横山舞(広島美少女図鑑)、うえきあやか(株式会社エイチジェイ)の3名が、多岐にわたるSDGs貢献活動に取り組んでいる人気結婚式場「THE ROYAL CLASSIC福岡」で着用できる煌びやかなウェディングドレスに身を包んで登場。豪華なドレスに引けを取らない内面からも滲み出る美しさに加えて、ゴージャスさの中にシックでコンテンポラリーな要素と世界中のトレンドをバランスよく取り入れた花嫁を輝かせる独自の世界観で、配信を見守った視聴者を魅了しました。

杉山日向花は着用したドレスの感想を聞かれると、「ずっと憧れていたウェディングドレスを着ることができて嬉しかったです。キラキラの葉のデザインがお気に入りです。」とコメントしました。

佐々木満音
杉山日向花

MA3world株式会社とのコラボステージであるMA3 Global Stageでは、ニューヨーク市の衣料品業界から調達した廃棄物や素材を使用するなど、ニューヨークにおけるサステナブルファッションの先駆者とも言える「Zero Waste Daniel」、そして、ニューヨークのファッション大学の学生のブランドから、インド工芸品の豊かな伝統と現代的なセンスをシームレスに融合させる「Qissa E Chhaap」、昆虫の世界にインスピレーションを見いだした「Shriya Myneni」のコレクションを、ニューヨークのサステナブルファッションの取り組みとして紹介しました。

モデルを務めたのは「美少女図鑑AWARD 2022」グランプリの菅原夕亜(福島美少女図鑑)と、音々萌花の4名。感想を聞かれた菅原夕亜は、「このドレスもダニエルさんが手掛けたもので、赤が綺麗で、エイジレス、ジェンダーレスに拘ったドレスだと思いました。いろんな素材が使用されていて着心地もよかったです。」とファッションに込められた思いを熱く語りました。

美少女図鑑きもの STAGEは、京伝統と革新をテーマに高品質な振袖を提供する「京都豊匠」と「美少女図鑑AWARD 2023」京都豊匠賞受賞者のコラボレーションから生まれた振袖を紹介。りり(321ライバー部)、みちゃ(株式会社KIRINZ)に続き、京都豊匠賞を受賞した佐々木寿音(ささきことん・広島美少女図鑑)とチャイ(オーバース)も登場。佐々木寿音は先日配布開始されたコラボフリーペーパーでも着用した自身プロデュースの振袖について、「自分でデザインした振袖をたくさんの方に見ていただけてとても嬉しいです。こだわりはゴールドのパールでアクセントを入れたことです。」と笑顔で語りました。

菅原夕亜
佐々木寿音

■初のライブコマースではモデルが着用衣装を紹介!

今回の「美少女図鑑COLLECTION 2024」では、ステージと連動したライブコマースも初めて実施されました。ステージ直後のモデルがライブコマースに次々と出演し、着用したコーディネートのポイントや感想、サステナブルポイントなどをご紹介しました。ステージの臨場感と共に、気になったアイテムをそのまま購入できるとあって大きな盛り上がりを見せていました。

音々
みちゃ

■「美少女図鑑COLLECTION 2024」について

全国各地の美少女を被写体とした地方発のフリーペーパー『美少女図鑑』は、2002年の創刊以降、デビュー前の⼆階堂ふみ、⼭本舞⾹、 桜井⽇奈⼦、馬場ふみか、黒島結菜らを掲載するなど、これまで数多くの女優やタレントを輩出してきました。 現在はフリーペーパーにとどまらず、SNSやライブ配信といった媒体を駆使して地元の美少女を取り上げる地域密着型のメディアとして展開しています。

「美少女図鑑COLLECTION」は、2021年からスタートした“次世代美少女の原石”が「SDGs」と「全国各地」の魅力を発信するファッションショーです。4回目となる今回は、【ADMIX-融合-地域を超え、文化をつなぐファッションショー】をテーマに、無観客・オンラインにて開催されました。

地域の壁に隠れていた「もっといいもの」を発見いただきたいという想いから、全国展開されている有名ブランドはもちろんのこと、全国の各地域で愛されてきたブランドも『美少女図鑑』が厳選したモデルたちが身に纏い、その魅力を余すところなくお届けしました。さらにサステナブルファッションの紹介や10〜20代でも実践しやすいSDGsにつながる身近なアクションをご提案するなど、ファッションショーの枠にとらわれない様々なステージを披露しました。

「美少女図鑑COLLECTION 2024」公式サイト: https://collection.bishoujo-zukan.jp/

【協賛】
ハイパーソフト株式会社

【衣装提供協力】
MA3world株式会社、株式会社京都豊匠、R1000株式会社、groove. by kikirico、MNインターファッション株式会社、万兵株式会社、MERCI、粗清草堂、フェアトレードカンパニー株式会社、株式会社ベルコ

■『美少女図鑑』とは

『美少女図鑑』は、“街に美少女を増やそう”というコンセプトのもと、全国各地にいる美少女を被写体として2002年に創刊したフリーペーパーです。過去には二階堂ふみ、黒島結菜、馬場ふみか、桜井日奈子ら数多くの女優やタレントを輩出してきました。また、1990年から続く「世界で最も美しい顔100人」では、『美少女図鑑』出身の女優・山本舞香が 2019年に日本人第1位にランクイン、また20年・21年と3年連続ノミネートを果たすなど、話題を集めています。

『美少女図鑑』ライセンス提供事業を展開していた株式会社テクスファームファウンデーションは2020年3月、株式会社DONUTS(東京都渋谷区、代表取締役:西村啓成)と資本業務提携を締結しました。
https://www.donuts.ne.jp/news/2020/0323_zukan/

◆ 公式サイト : http://bishoujo-zukan.jp/
◆ 公式Twitter : https://twitter.com/bishoujozukan
◆ 公式Instagram : https://www.instagram.com/bishoujozukan_official/

■株式会社美少女図鑑 概要

社名    : 株式会社美少女図鑑
所在地   : 東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目21番7号 第5瑞穂ビル 3F
代表者   : 代表取締役 中村孔亮
設立    : 2007年
事業内容  : 『美少女図鑑』ライセンス提供事業
企業サイト : https://corp.bishoujo-zukan.jp/

※株式会社美少女図鑑は、株式会社DONUTS(東京都渋谷区、代表取締役:西村啓成)の子会社です。